fujihanawa’s diary

Jリーグとか買い物とか

忖度について

私は某省庁関係の仕事に携わっていたことがあるのだが、議員からの口利きやそれに対する忖度というのは確実に存在すると思ってる。

ある決まったことが、官僚の皆様からの指示で突然変わったりする。私がいたのは下っ端の外郭団体であったため、どの議員からとか、そんな直接的なことは当然聞かされず、もっともらしい理由とともに決定事項が変えるように指示がある。やはりキャリアの皆様は作文が素晴らしく、事実は巧妙に隠されるようになっている。

とはいえあまりにも無理がある変更である理由は諦めたりする。官僚もリスクは承知しているからだ。

私が覗いたのは、官僚の仕事のほんの一端の一端に過ぎないだろうけど、官僚たちの教育の行き届いているのは内部告発がないことだ。誰かボイレコでも忍ばせて暴露するようなひとが出てもいいような気がするが、損得勘定でプラスにはならないといったところか。

mainichi.jp

昨年のニュースで口利きの記録はなしとしている(口利きがあったとはいっていない/不当な口利きはなかった)。忖度ならよさそうだ。

通常官僚の方々は、こういった忖度は巧妙に隠して行われるのであろうけど、森友問題ではかなり無理をしちゃったのか、記録は全部捨てちゃった、調査も控えるということでかなり苦しそう。

 

私は首相が退陣しろとかそんな期待なんかはサラサラないが、議員からの口利き、忖度があったかなかったかは是非どんどん追求していただきたい。それで口利きした議員には痛い目にあってもらいたいという気持ちが強い。

国会の場をそんなことに使うな、という反論はあろうけど、例えばもし自分や、自分の会社が、例えば補助金をもらうために真摯になって申請書書いて採択されるのに十分な事業であっても、忖度によって採択結果が捻じ曲げられ、忖度された事業が補助金を受け、本来はもらうことができたはずの補助金が奪われるようなことも起きる可能性があるのだ(予算には限りがあるので)。

公明正大にしてほしいという願いに対して、首相を侮辱したから証人喚問するけどその他関係者はNGだとか、なんでも閣議決定、これらでごまかせると思っているのだろうか…。だとしたら有権者は馬鹿にされていると思うのだが。