fujihanawa’s diary

Jリーグとか買い物とか

2017年4月16日 仙台戦感想

今シーズン初めて前半に得点、しかも3点とあって安心して酒を飲みながら見ました。たーのしー!感想としては、やっぱり金崎、金崎、金崎!ということで今の4-4-2では金崎さんがいるといないとでは全然違うなぁという感じです。

 

対する仙台は前節に浦和戦で7失点とあってか先発を大幅入れ替え。個人的にはこういうフレッシュな戦力で来られる方がなんとなく嫌な予感がしてました。

 

仙台は新外国人のクリスランが、強い、高い、速いと昌子さん、植田くんのセンターバック2人がまさに「手を焼い」て、後半にCKから昌子さんがマークについてながら1点決められました。時系列が前後するけど、22分あたりのすっごいパス出したり、これはあたり外国人感しますね。おまけに守備にすごい速さで戻ったり真面目。

今節が初先発ということで、これから脅威になりそう!

手を焼いた、と書いたけど、マッチアップしてた昌子さん、前半序盤に足を滑らせてから痛そうにしてて、その影響もありそうな感じだったので心配である。

 

鹿島はPJがいまいちフィットしていないのと、期待の元セレソン レアンドロさんが不貞腐れちゃってベンチ外なのとで、どうしても隣の芝が青く…

横浜のバブンスキー、新潟のホニとか、今期あたり外国人感が多いような気がする(詳しく見てないけど)

 

しかしPJさんは途中出場で、前がかりになってきたところをひとりでゴリゴリ進んでズドンと一発リーグ戦初ゴール!PJの良さが最高に発揮されたゴールでした。終盤にPJという選択肢もありかも、って贅沢な話であるが。

 

今節はCWCの良い時に戻そう!ということで全員日本人の先発であったが、どちらかというと2015のナビスコ杯決勝がイメージされた。左SHがattkさんだったし。

attkさんはPK獲得もしたし、今日は活き活きとしてた。何分か忘れたけど、ゴール前で抜群のテクニックだけどシュート打てなかったのはズコー、ってきたけど、後はゴールだけ、って、感じなので期待したい。