fujihanawa’s diary

Jリーグとか買い物とか

2017年6月4日 広島戦感想

自信というものの大切さ!

ドルトムントの香川さんも、自信に満ち溢れてるときとそうでない時は、プレーが全然違うと感じる選手です。

今日はまさに自信という要素の大切さを感じました。

 

セレッソ戦で先発したレアンドロ、attkさん。後半早々やまむーにその日の決勝点を奪われて、交代になりました。その2人に今日はゴールが生まれ、その後はまさに水を得た魚、自信に満ち溢れたプレー、シュートで広島を前半から突き放しました。

 

という訳で感想を

 

・attkさんの先制ゴール!コンパクトな振りの素晴らしいシュートでした。溜まったものが一気に吹き出したようなガッツポーズ!

 

・右サイドでピンチをかなり作られる。柴崎晃誠選手のシュートは決定的もコースを限定し好セーブ。リフレクションも守備陣が詰めて守る。ここで1-1にならなかったのは良かった。

 

・中村さんの2ゴール目未遂。これも素晴らしいシュートでポスト直撃、そのままGK林さんへ。GK林さんが

「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!『おれは 決定的なシュートを打たれたと思ったら いつのまにかキャッチしていた」
な… 何を言っているのか わからねーと思うがry」と思ったとかなんとか(嘘)

 

・attkさんと素晴らしいパス交換からレアンドロがゴールに突き刺す!さらにこのあと永木さんのプレスでこぼれた球をレアンドロが拾いこの日の2点目!点差を3点に。

 

・後半は防戦一方に、右サイドを中心にクロスを上げられる。左右振られてAロペスにゴールを決められる。オフサイドかけられなかったかな。

 

・西さんを入れて大岩監督得意の伊東-西の右サイドで守備修正を狙うも西さん調子悪いかんじでトラップミスが目立つ。

 

・前半あれほど鹿島が繋いでたボールが、広島にことごとく繋がれる。勢いというのは恐ろしい。少ないチャンス金森さんが抜け出して4点目を狙うも、シュートまでいかない悪循環。

 

・終盤は完全割り切って、クロスあげられても跳ね返すように人数をかけて守る。金崎さんみたいな前で収められる人がいれば…優磨くんにも収まらない。小笠原さん投入で逃げ切りをはかる。

 

3-1で終了。後半は防戦一方なのが反省点。クロスあげられまくりなのが気になりますが、勝つことを優先した采配だったのかなぁと。しかし金崎さんいないとやっぱり守備的にも辛いですね。あとは柏の中川選手みたいなプレスをしてくれる人がいると違かったかと思いますが、赤崎さんはレンタル中でした。

ともあれ大岩アントラーズ初戦は無事白星。これから2週間の中断期間、どれだけ進化できるでしょうか。

 レアンドロ、attkさんは自信を深めていただいて、さらなるコンビネーションを期待します。